【名古屋】名古屋ウェディング&ブライダル専門学校

名古屋ウェディング&ブライダル専門学校は手厚いサポートが受けられる専門学校

多くの人が大学や専門学校は高校生までのように先生たちからのサポートが受けられないというイメージを持っています。
しかし、名古屋ウェディング&ブライダル専門学校はとても手厚いサポート体制がある学校です。

まず、授業を受け持つ講師とは別にキャンパスアドバイザーが一人ずつにつくという点があります。
これは担任制のようなものであり、キャンパスアドバイザーが学生の悩みや不安、進路へのアドバイスをしてくれこれから進むべき方向を見つけるだけでなく高い意識を持って進めるようにしっかりとサポートをしてくれます。

もう一つのサポート体制が先輩からのサポートです。
名古屋ウェディング&ブライダル専門学校では一人一人にキャンパスアドバイザーという担任がつくだけでなく、オリターという就職や実習のサポートをしてくれる先輩がつきます。

先輩というのは担任とは別の視点からアドバイスをくれるので、学生にとってもとても心強い存在となります。
自分自身が2年生になりオリターになればそれもとても良い学びとなり、このような経験は他のブライダル系の学校ではできない経験です。

即戦力のあるウェデングプランナーを育成する

ウェデングプランナーが仕事をする相手は人間です。
そのため学んだことが必ずしも当てはまるとは限らないですしうまくいかないこともあります。
相手が人間だからこそ相手をよく見てニーズに応えられるように配慮することが重要です。

そこで、ただ学校で知識を身につけるだけでなく、しっかりと実践的な知識を身につけることが求められます。
この実践的な知識を身につけるために実習が豊富に行われていますし、授業のカリキュラムも効率よく学べるように配慮がされています。
資格取得に対してのサポート体制も充実しており、学生のうちからブライダル業界で働くのに役立つ資格をしっかりと身につけられます。

ただウェデングの知識を身につけるだけでなく、プランナーとして活躍するためには企画の演出をするスキルや相手の意図を汲み取る力、提案力といったものも必要です。
こういったものはただ授業で座学で学んでも身につくものではなく、やはり様々な形での実践が重要です。
そこで、学内の施設での実習はもちろん、インターンとして実際の現場で働く経験を持つことで幅広い知識と経験から即戦力となることができます。

実際、このような取り組みをしていることで就職率もとても高く、合格した学生は就職先でも高い評価を受けています。
これによって学校と企業とが良好な関係を築けており、インターン実習や学内での説明会が行われたりといったことが可能なのです。