ウェディングドレスのレンタルの仕事

女性の憧れ

結婚式で女性がこだわりたいものの1つはウェディングドレスでしょう。
一生に一度の思い出として最高のウェディングドレスに袖を通したいと、多くの女性が思うことと思います。

しかし、ウェディングドレスは非常に高額で、購入したくてもできない方も多いことでしょう。
また予算との兼ね合いがありますが、一回しか着ないドレスにこれだけ高額な出費は勿体ないかと思う女性も少なくないはずです。

そのような女性たちのためにウェディングドレスをレンタルする会社があります。
あるレンタル会社では「必ず運命のウェディングドレスに出会わせてあげること、そして、社員全員でお客様を幸せにすること」をコンセプトに事業を展開しています。

レンタル会社の思い

このレンタル会社のコンセプトからもわかるように、ウェディングドレスのレンタルという仕事には大きな目的があることがわかりますね。

一つは「運命のウェディングドレスに出会わせてあげることと」あるように、オーソドックスなスタイルから最新スタイルのものまで、たくさんの種類のウェディングドレスを取り揃え、お客様の気に入るドレスを一枚でも多く用意しておくことです。

通常レンタル会社には数百着から多いところでは数千着のドレスを揃えています。
お客様にとっては目移りするかもしれませんが、ご予算に合わせてその中から運命の一着を見つけてあげることがレンタルショップで働く喜びです。

そしてもう一つ重要な目的があります。
どんなに運命のウェディングドレスに出会えたとしても、値段が高ければ着ることができません。

レンタル会社のもう1つの目的とは、せっかく気に入ったウェディングドレスがあっても購入するだけの余裕がない方に格安料金で着ることのできるチャンスを与えてあげることです。

通常、レンタル費用は購入する場合に比べて格安に設定し、借りやすい値段にしています。
ただ格安といってもレンタル費用が20万円から30万円と購入するのとそれほど変わらないレンタルショップもありますので、借りる側にするといろいろと回って比較することになります。

同じウェディングドレスが20万円のところもあれば10万円以下のところもありますので、納得が行くまで比較してみることがお勧めです。

レンタルする上での注意点

また結婚式場にレンタルのウェディングドレスが揃っている場合、他からの持ち込みができない、あるいは持ち込み料を請求されることがあります。
ここは最初に確認しておくのが無難です。

なおレンタル会社はウェディングドレスだけでなく、披露宴でのパーティドレスもレンタルしています。
結婚式のドレスをトータルでレンタルすることができるのもレンタル会社の魅力ですね。